お体の都合でお一人では通院できない方、ご相談ください
  
  気仙訪問歯科診療所

予約・ご相談 0192-47-4533
〒022-0002 大船渡市大船渡町渡町字笹崎59-2

訪問歯科の口腔ケア

訪問歯科で、歯科医と歯科衛生士が行う口腔ケアの具体的な内容は、次のとおりです。
1. 虫歯の検診
2. 歯茎の検査(歯周病の検診です)
3. 専門用具を用いた歯石と歯垢の除去(プロによる歯のお掃除です)
4. 口腔粘膜・舌の清掃
5. 口腔粘膜・舌の清掃法の指導(患者様、ご家族様へ)
6. 歯ブラシや糸ようじ等による歯の清掃法の指導(患者様、ご家族様へ)

虫歯の治療


 虫歯の切削を行い、保険診療で対応できる金属の詰めものや被せもので患部を処置します。長くお口をあけていられない患者様には「開口器」を使うなど、無理なく快適に治療が進められるよう工夫をします。


歯周病の検診

写真



 歯を失う原因の第1位といわれる歯周病。歯周病は初期段階での自覚症状がほとんどないため、発見が遅れる場合がよくあります。訪問歯科では歯周病の原因となるプラークや歯石の除去、PMTC(歯のクリーニング)などを行います。

 
歯周病は、ゆっくり進行する病気で、初期症状はほとんどありません。次のような症状があれば、歯科医師に相談しましょう。

朝起きたときに口の中がねばねばする
歯を磨くと歯肉から出血する
歯肉が赤く腫れている
口臭を指摘されることがある
歯間に物がはさまりやすい
ぐらぐらしている歯がある歯が伸びてきたように見える

口腔ケア

 口腔内の健康状態を保つには予防が大切。日頃のセルフケアに加え、PMTCやブラッシング指導といった口腔ケアは欠かせません。特に定期的にPMTCを受けることで、日頃の磨き残しを徹底的に除去できます。たとえ歯が痛くなくても積極的に口腔ケアを利用しましょう。

介護を要する人にとって、歯と口のケアは大きな意味を持ちます。
お口の中の手入れが不十分だと、お口の中にカビが生えたり、ばい菌が発生したりします。これらのばい菌が誤ってお口から器官に入る誤嚥(ごえん:誤って飲み込むこと)が原因となり、肺炎になってしまうお年寄りも多くいます。また、口腔ケアが行われていないと口臭がひどくなり、食欲が減退し体力が低下してしまいます。生きる気力も低下する可能性もあります。 
 また、寝たきり高齢者の口腔内清掃によって、インフルエンザなどの感染率の低下、誤嚥性肺炎の発症率の低下などが報告されています。

お口の環境の健康は身体の健康につながります。
歯とお口の健康を守ることで、明るい表情になり、口から食べることで身体的回復はもちろん、生きる意欲が起こるなど、精神的な回復にも著しい変化が見られます。